ストレッチ

ストレッチを続けることで怪我の予防・柔軟性の向上・競技力の向上を図ることができます。

ストレッチの効果は?

・柔軟性が向上することで、動作がスムーズになり、身体への負担が少なくなります。
・柔軟性が向上することで、怪我の予防につながります。
・運動後に行うと、疲労物質が運び出され、筋肉の発達や疲労の回復に効果があると言われています。

ストレッチの方法は?

・伸ばしているときは息を吐きながら行いましょう。
・身体が温まっているときのほうが、筋肉が伸ばしやすいと言われています。お風呂上りなどの身体が温まっているときに行いましょう。
・いた気持ちいい程度まで伸ばし、20~30秒保持させます。

腕のストレッチ

肩のストレッチ

首のストレッチ

胸のストレッチ

腹部のストレッチ

背中のストレッチ

腰部のストレッチ

殿部のストレッチ

足(太もも)のストレッチ

足(下腿)のストレッチ